スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | - | - |
特養入所待機者42万人=在宅重度要介護も7万人−厚労省
厚生労働省は22日、特別養護老人ホーム(特養)への入所を希望している待機者が、在宅と他の施設入所を合わせて42万1259人に上るとの調査結果を公表した。このうち、優先入所が必要とされる要介護4、5の在宅者でも、6万7339人が待機を余儀なくされており、特養不足の深刻な実態が明らかになった。  調査は2008年4月以降に都道府県が調査した入所申し込み状況について、厚労省が今年12月時点で集計。06年3月の前回調査では約38万5000人だった。(時事通信より) 老化によるひざの痛みに 医師が考案した「お医者さんのひざベルト」
カテゴリ:介護 特養 入所 裏技 | 18:42 | comments(80) | trackbacks(0) | - | - |
他人事ではない【特養 入所の裏ワザ】(2)
【介護と仕事の両立頑張れば得】 特養への入所の可否は、特養の職員や民生委員、自治体職員などで構成する「判定委員会」で判断されます。  判定委員会がいつも迷うのはベッドが1つ空いたとき同じ要介護度5の人が2人いたら、どちらを入れるかです。  選ばれるのは「家族介護力に欠ける」の人のほうです。1人暮らしや家族がいても病気がちなどの事情がある場合、優先順位が高くなります。  最近は、親や配偶者の介護のために会社を辞める人が増えていますが、会社を辞めてしまえば「家族が家にいるので介護力がある」とみなされるので、ポイントは低くなります。むしろ働きながら頑張っているほうが、入所の確率は高くなる傾向にあるのです。将来的に特養に入所してもらいたい気持ちがあるのなら、介護と仕事の両立を頑張った方が得です。  入所したい施設や自治体にこまめに足を運び、家族の事情をアピールしましょう。  また、同時に要介護者の症状もアピールしておくと良いと思います。夜中、認知症の徘徊(はいかい)がひどくて、家族も眠れないなどの事情があるときには、優先順位が高くなる傾向にあります。ただし、施設によっては介護が困難だったり、医療ニーズが高い人の入所を拒む場合もあることは覚えておきましょう。  (談・特養ホームを良くする市民の会理事長 本間郁子 http://www32.ocn.ne.jp/〜tokuyou/)産経ニュースより
カテゴリ:介護 特養 入所 裏技 | 19:20 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |
| 1/1PAGES |